MENU

上手な睡眠への導入方法いろいろ

寝ることは人間にとってごく自然の行為であり、睡眠は三大欲求の一つです。人は寝ることなしで生活できませんし、人生の三分の一は寝ています。しかし、大人になり、社会で働くようになると、ストレスなどのさまざまな要因によって寝ることが困難になり、充分な睡眠を得ることが難しくなります。

 

上手な睡眠への導入をすることで、質のよい睡眠を手に入れることができます。方法として、まず簡単なのは、温かいお風呂に入ることです。体が十分に温まっていないと、筋肉がほぐれず、よい眠りは期待できません。体をほぐすことで、肩こりや神経痛や筋肉痛が和らぐので、一日の疲れをお風呂でとるのは大事です。好きな香りの入浴剤を入れると、ちょっとした癒し効果にもなり、好きな香りに包まれると、気持ちが安らぎます。

 

お風呂上りに温かい飲み物を飲むこもいい方法です。ホットチャイやホットミルクなど、甘いものが癒しを得ることができます。ブラックではなく、甘めの飲み物が最適です。どんどん睡魔が襲ってきますし、眠たさはピークになります。体がほぐれているこのときに、ストレッチなどをして体を柔らかくするのも最適です。ヨガやストレッチなどをお風呂上りにして、体を発汗させ、柔軟体操にもなります。ヨガのポーズはインナーマッスルを鍛えるものがありますから、腹筋を鍛えたり、強化したり、また体幹がしっかりするので、脂肪は燃焼しているのに、筋肉はついたほどよくスリムな引き締まった体型になることができます。体幹がしっかりしているので、痩せているのに、ガリガリに見えない、細マッチョ体型になることができます。

 

お風呂とストレッチとホットミルクで睡眠は十分期待できます。寝る直前はスマホをいじらないこと、ネットをしないことも大事です。目が疲れると質のよい睡眠が期待できませんし、不眠につながります。寝る直前はLED画面から離れることが大切です。質のよい睡眠を心がけて生活しましょう。