MENU

薬に頼らない快眠体質になるなら「睡眠導入サプリ」がおすすめ!

睡眠をしっかりとっている子供

睡眠導入のためのサプリメントが今、注目が集まっています。理由としては約5人に1人が睡眠不足で、睡眠時間が6時間以下の方が4割になると言われる現状があるからです。近年、夜にスマホやPCを使用する方が多くなり、それによる睡眠不足や寝付きの悪さで悩んでいる方が多いようですね。

 

そんな時に心強い味方になってくれるのが「睡眠導入サプリ」。睡眠サプリ・快眠サプリなど言われますが、現在インターネット上で多くの睡眠導入をサポートするサプリメントが販売されています。しかし、様々な成分・用途のものがあるため、すぐに1つに決めるというのは難しいですよね。

 

こちらのサイトでは、どんな睡眠改善の方法があるのか?そして、どれが人気でおすすめの睡眠導入サプリなのかをご紹介していきます。

 

睡眠導入サプリって何?人気の理由とその効果とは?

なぜ眠れないのか?睡眠導入サプリの役割

何故か眠れない悩み

まず、なぜ眠れなくなり、何が睡眠を妨げているのでしょうか?よく言われる事として、ストレス・睡眠不足・夜ふかし・夜食・運動不足などが挙げられます。

 

その中でも特に注意すべきことは「夜ふかし+強い光を浴びること」です。夜遅くまでのスマホやPCなどの強い光を目に入れることで、脳内神経伝達物質であるドーパミンが増えて興奮状態が続きます。そうすると、脳が休息できず眠くならないという状態が続いてしまいます。

 

さらに、夜遅くまで強い光を浴びていると、自律神経のバランスをコントロールする役割であるセロトニン神経のバランスが崩れます。生存に密接に関係する交感神経が活発に動き、リラックスに密接に関係する副交感神経が働かなくなることで、睡眠ホルモンである「メラトニン」が分泌されにくい状態になります。そうなると脈拍・体温・血圧が活発なままとなり、なかなか眠くならない状態が続いてしまうことになります。

 

睡眠導入剤サポートサプリの成分と効果!飲むとどうなるのか?

寝付きが良くなった女性

そこで睡眠の導入サポートサプリを使用することがおすすめですが、睡眠導入サポートサプリメントに含まれる主な成分としてグリシンやテアニンがあります。これらはどれも「興奮を抑える」「血流を良くする」という効果があり、脳を休めて体温を温めることにより睡眠を促します。これにより、30分〜1時間前にスマホやPCをやっていたとしても、睡眠導入サプリの成分の効果で眠くなり、寝付きがよくなります。

 

他にも睡眠導入サポートサプリにはストレス軽減・精神を安定させるためのGABA(ギャバ)やトリプトファンが含まれるものが多く、寝る前のリラックス(副交感神経優先)状態へと移行し、眠気や寝付きが良くなる効果があります。

 

このように、睡眠の導入サポートサプリは寝付きの悪い体の状態から、寝付きの良い体の状態を作っていく手助けをするサプリメントになります。

 

睡眠導入サプリの種類は?市販の薬局・ドラッグストアでは売ってない?

「睡眠導入サプリ」と「市販薬」は同じ?

睡眠導入サプリメントについて

ここで、睡眠導入サプリメントは薬局・ドラッグストアなど「市販では売ってないの?」という疑問が出てくるかと思います。ですが、実際にはインターネットで買える成分量の多いサプリメントは市販では売っていないという現状があるようですね。

 

睡眠に関するサプリは大きく「睡眠導入剤サプリメント」「睡眠改善薬」「精神安定剤」の3種類に分かれます。そして薬局やドラッグストア(市販)で購入できるサプリメントは「睡眠改善薬」に分類されます。

 

では睡眠導入サプリメントと睡眠改善薬は何が違うのでしょうか?

 

「睡眠導入サプリ」と「睡眠改善薬」の違いは?

 

市販の睡眠改善薬で有名なのは、「ドリエル」「ナイトール」などがありますが、市販のものは医師による処方がないため、副作用のないと確信できる量の成分しか含まれていないという特徴があります。では、睡眠改善薬(市販薬)と睡眠導入サプリメントは具体的にどのような違いが出てくるのでしょうか?

 

睡眠改善薬(市販薬)の特徴

 

必要成分が足りず、即効性がない
副作用がない可能性が高い
1〜2週間で効果を感じなくなる方が多い
料金が比較的安い
薬局・ドラッグストアで購入ができる

 

睡眠導入サプリメントの特徴

 

必要成分がしっかり含まれているので、即効性がある
飲み方を間違えると、副作用(ふらつき等)が出ることがある
徐々に効果を感じなくなる
料金が比較的高い
インターネットですぐに注文ができる

 

2つの主な違いとしては、睡眠改善薬(市販薬)は「価格は安く安心だが、効果があまり期待できない」、睡眠導入サプリメントは「価格は若干高く、副作用に注意する必要があるが、効果が期待できる」ということです。

 

即効性を求める場合、やはり睡眠導入のサプリメントの使用を優先するほうが、不眠や睡眠の質の改善に良いといえそうですね。

 

精神安定剤も「睡眠導入サプリ」として使える?

精神安定剤について

睡眠導入サプリや睡眠改善薬の他にも「精神安定剤」も不眠症や快眠に効果があると言われています。

 

それぞれの違いとしては、まず睡眠導入サプリメントと睡眠改善薬の両方は「グリシン・テアニン」などの成分効果により「睡眠導入」「快眠」「精神安定」などの効果があり、その中でも「睡眠導入」「快眠」を主にサポートするサプリメントになります。

 

一方、精神安定剤はというと、「精神安定」を主にサポートする薬となります。また、主に入手方法としては精神病院で貰う形となり、すぐには入手しにくいものと言えます。

 

睡眠にも様々な要因がありますが、快眠を一刻も早く改善したい方は「睡眠導入サプリメントまたは睡眠改善薬」、睡眠よりも不安を解消したい方は「精神安定剤」という事になりますね。

 

睡眠の導入サポートサプリ人気はどれ?おすすめランキング!

 

潤睡ハーブ公式

睡眠に不安がある方はイライラが原因で、そのイライラは「必須アミノ酸不足」から来ると謳っている睡眠導入サポートサプリになります。厳選素材として必須アミノ酸20種類中、9種類も同時摂取できる「クロレラ」で免疫力を高め、貧血の改善。さらにイライラに打ち勝つための「発酵ギャバ」によりストレス緩和して快眠状態に。さらに体を芯から温める「金時しょうが」成分により、人間の「体温が上がると眠気が出るという作用」を促します。その他17種類のビタミンとアミノ酸9種類をプラスした計18種類のアミノ酸、7種類のミネラル、食物繊維、葉緑素(デトックス効果)が含まれた「潤睡ハーブ」になります。85%の方が満足した潤睡ハーブですが、初回66%OFF・10日間の返金保証付きで送料無料でお試しができるようです。2回目以降も33%OFFなど、初めての睡眠導入サプリにピッタリですね。

ネムリス公式

国内初、筑波大学の裏出教授による「休息データによる検証」の結果、ネムリスを飲むことで深いリラックス状態を得られ、ストレスを感じる波状が現れなかった事を発見。多くの新聞・メディアで紹介され、体験者の92%の方々が「満足な休息を得られた」という効果を実感している睡眠導入剤サプリメントになります。約5人に1人は「隠れ休息不足」と言っており、成分としては特許成分「ラフマ葉抽出物配合」の天然リラックスハーブがメイン。農薬は一切不使用で、こちらは古くより伝わる害虫などの被害もなく、「休息の天然ハーブ」といわれるセントジョンズワートの30倍の効果があると言われる天然ハーブのラフマ。また、休息をサポートする「グリシン」「GABA」「トリプトファン」「テアニン」「クワンソウ」「メリッサエキス」「月見草」がバランス良く配合されたサプリメントになります。さらにビタミンC・B6・B12・ナイアシンでどれもが休息リラックスし、ストレスなく睡眠に集中できる成分がしっかり配合されているサプリメントです。期間限定で5000円以上お買上げのかたに「3D立体型クッションアイマスク」プレゼント。初回送料無料、定期コースなら1330円お得に、お試しコースなら590円お得にネムリスを試すことができます。

グッドナイト27000公式

購入したいと思う方が90%以上、2016年度モンドセレクション金賞受賞の睡眠導入剤サプリメント「グッドナイト27000」になります。27000という数字は含有量から来ており、グリシン7380mg、テアニン6300mg、GABA・トリプトファン各3060mg、ラクティウム・カモミール各2700mg・ラフマ1800mgの計27000mgの休息成分が配合。特に緑茶に含まれるアミノ酸であるテアニン6300mgや休息サポートアミノ酸のグリシン7380mg、天然アミノ酸のGABA・休息サプリメントのトリプトファン各3060mgでストレス緩和・リラックスした休息を促します。他にも中国由来の自生ハーブのラフマ、ハーブティーによく含まれるキク科植物のカモミールが配合。さらに特許成分「ラクティウム」2700mgは赤ちゃんが母乳を飲む時に安らぐ原因成分のペプチドを含む成分ということで、通常の半分近くのストレス耐性効果があると言われています。読者モデルの方も愛用している方が多く、安心の国内生産で放射能や無水カフェイン(覚醒作用がある)なし。初回送料無料、毎回20〜30%OFFでペースも決められる定期コースも安心。サプリメントケースなど定期継続ボーナスやポイント制度もあり、楽しく睡眠導入を促す工夫が満載のサプリメントです。

マインガードDX公式

睡眠不足による不調を持つ方が増えている中、休息できない原因はセロトニンの低下にあるとして、トリプトファン他の休息に欠かせない栄養素が含まれている「マインガードDX」。天然の休息力ハーブとして注目されるモリンダシトリフォリア2500mg(天然ノニ)やトリプトファンなどにより、17種類のアミノ酸、7種類のミネラル、ビタミンB1・B2・B6・ビタミンEが摂取できます。さらに休息素材とされるレスベラトロールやギャバが配合され、細胞を活性化し休息を促します。また休息成分とされるグリシンと同様の効果のあるクワンソウ1000mgも配合。配合バランスにこだわった、「ドリンクタイプ」の睡眠導入サプリメントということで、体内吸収率は2.5倍あり即効性が注目されています。ノニが入ってはいますが、91%の方が飲みやすい、87%の方が続けたいと言っており、水割り・オレンジジュース割り・グレープジュース割り・リンゴジュース割りなど飲み方が自由自在。初回お試しで22%OFFで送料無料、売上げ5万本で人気急上昇中の睡眠導入サプリ(ドリンク)となります。

 

睡眠導入サポートサプリの副作用は?飲むときに気をつける事について

睡眠導入サポートサプリの「副作用」とは?飲むとどうなる?

睡眠導入サプリメントの副作用

ここで睡眠導入サポートサプリについて「副作用はあるのか?」についてご紹介いたします。

 

よく言われる副作用としては「寝起きが悪い」「日中ぼんやりする」「頭が重い」「だるい」という症状があり、これは睡眠薬の効果が起床時まで持ち越されることにより起こると言われています。また、睡眠薬が持つ「筋弛緩薬(きんしかんやく)作用」による「脱力感」「ふらつき」も起こる方がいらっしゃるようです。

 

これら副作用は睡眠薬も睡眠導入剤サプリメント、精神安定剤なども同様になる可能性があるようですが、では摂取する時にどのような事に注意すれば、これら副作用が出る確率を減らすことができるのでしょうか?

 

睡眠導入サプリを摂取する時の注意点

睡眠導入サプリメントを飲む時の注意点

睡眠導入サプリを摂取する時、極力副作用を出さないためにはやはり「睡眠導入サプリの飲み合わせ(複数使用)をやめる」という事が必要になります。睡眠導入サプリメント自体は、副作用がでないように成分量もしっかり考慮されています。ですので、例えば睡眠導入サプリの他に「GABAのチョコレート(ストレス軽減)やノニジュース(休息効果)などの過剰摂取」をすることで動機や息切れが出たり、「アミノ酸サプリメントの過剰摂取」をすると、腎臓に負担を与えたりします。

 

また、睡眠導入サプリも1種類だけ摂取していたとしても、成分の組み合わせによって上記のような「脱力感」「ぼんやり感」「寝起きが悪い」などの副作用が出る場合があります。この時は「自分に合わない成分の組み合わせがあったのだな」と睡眠導入サプリを変える必要があります。

 

ただ、ランキングにある睡眠導入剤サプリメントは多くの方が副作用が出ていないサプリメントですので、安心して試す価値があるものばかりになります。

 

睡眠導入サプリと同時にやると良い習慣!やめたほうがよい悪い習慣は?

睡眠導入サプリと一緒にやるべき習慣とは?

睡眠導入サプリメントと一緒にやるべき習慣

ここで睡眠導入剤サプリメントと同時にやると良い習慣をご紹介いたします。

 

毎朝、太陽の光を浴びる

寝る1時間前のお風呂


寝る2、3時間前のお風呂


寝る前のホットミルク


寝る前の手足のストレッチ


適度な運動・筋トレ


昼寝や寝だめ

 

まず寝付きを良くするためには、朝「太陽の光を浴びる」ことが重要です。これは人間の体内時計が25時間と、普通に暮らしているとずれてしまうのですが、その体内時計のズレをリセットしてくれる効果があります。また、太陽の光を浴びると自律神経をコントロールするセロトニンが正常に働き、睡眠時に睡眠ホルモン「メラトニン」が分泌されやすくなります。

 

その他、お風呂やホットミルク、ストレッチなどもメラトニンを分泌し、副交感神経を優先させ、脈拍・体温・血圧の低下により眠気を起こしやすくする行動になります。

 

また、昼寝や寝だめも睡眠時間のバランスを取るための良い行動と見直させているようで、「夜の睡眠時間の調整」として必要だと言えそうです。

 

 

睡眠不足・寝付きの悪さの大敵!やめた方が良い習慣は?

 

では逆に、睡眠の導入サポートサプリと同時にやるべきではない悪い習慣は何があるのでしょうか。

 

夜遅くまで強い光を浴びる

間食や夜食


運動不足


過剰な飲酒・喫煙


ストレスを溜めすぎる趣味など

 

逆にメラトニンが分泌されず、ドーパミンによる興奮状態になってしまう行動として「強い光を浴びる」であったり「飲酒」「喫煙」「ストレスがかかった状態」があります。

 

もしすぐに眠りたいのであれば、極力これらの行動を減らしていくことが重要です。運動をすることも大切で、適度な運動が心身を疲労させ、深い睡眠状態(ノンレム睡眠)の時間を増やし、快眠を促すことができます。

 

睡眠導入サプリメントの管理人おすすめはどれ?選び方・飲み方のまとめ

管理人おすすめの睡眠導入サプリメントはランキング1位の「潤睡ハーブ(フロムココロ)」

睡眠導入サプリメントおすすめ

ここで、管理人おすすめの睡眠導入サプリメントのご紹介ですが、やはりランキング1位にある「潤睡ハーブ」がおすすめです。

 

理由の1つとしましては、2014年の休息サプリランキングNo.1の睡眠導入サプリという事で、副作用の口コミが少なく、実績のあるサプリメントということ。そして、1日66円で続けられる睡眠導入サプリですので、コストもそこまでかからず試しやすいというのが大きいですね。

 

よく休息に最適なアミノ酸としてグリシンが注目されますが、確かに潤睡ハーブにはグリシンが含まれていません。ですが、グリシンは元々体内で合成できるアミノ酸で、エビやウニ・ほたて・牛肉・豚肉などで摂取できるものです。

 

しかし、グリシンと同様の「血行促進」や「興奮を抑える」効果のあるトリプトファンはしっかり含まれていますし、その他必須アミノ酸やビタミンがバランス良く取れて健康的になります。非常に副作用の少ないサプリメントでコストパフォーマンスも良いので、多くの方に長く支持されているのですね。

 

睡眠導入サプリの飲み方のコツ「4つのステップ」!

 

改めて、睡眠導入のためのサプリメントの効果的な飲み方についてご紹介みたいと思います。

 

長期的に続けられる睡眠導入サプリを選ぶ
睡眠導入サプリを継続しながら、睡眠に良い習慣を増やす
睡眠導入サプリ使わない日を作り、睡眠に悪い習慣を見つける
睡眠に良い習慣を維持しつつ、必要なときだけサプリを飲むようにする

 

やはり、睡眠導入サプリ「続けていく」ということを重視して選ばないと、改善に至るまでに挫折をしてしまうので、コスト的にも負担のないものを選ぶことをおすすめします。また、そのサプリメントを試して「何か違和感がある」「あまり良くないと感じる」ならば、すぐに別のものに変更をしましょう。

 

さらに、自分にあう睡眠導入サポートサプリが見つかったら、毎日飲んで睡眠を妨げない習慣を少しずつ作っていくことが大切です。そして、その中で定期的に「飲まない日」というものを作り、今の自分にまだ必要かどうかをチェックしていきます。

 

確かに、睡眠導入のサプリはビタミンなど健康に良い成分もしっかり含まれていますので、ずっと続けてもよいサプリメントといえます。ただ、「どれくらい効いているのか?」「何が悪い習慣なのか?」というのを睡眠導入サプリを飲む日・飲まない日を作りながら、その時にやっていた良い習慣・悪い習慣を見つけていくことも大切です。

 

このように睡眠に良い習慣を増やしていくことで、睡眠導入剤サプリメントだけに依存しない、健康的な睡眠を身につけることができるようになるはずです!

 

睡眠導入サポートサプリ(お試し)で少しずつ改善をしていきましょう!

 

 

寝つきが悪い時の睡眠薬の種類とその特徴、効果

寝つきが悪いため、なかなか眠れないという人がいます。そのために、本を読んだり、お酒を飲んだりして眠気が来るのを待つ人も多い中、寝つきが悪いことをストレスに感じ、さらに悪化させてしまい、入眠障害になってしまうケースも出ています。そうした場合の睡眠薬というものが存在し、それを服用して睡眠のとりやすい状況を作っていくこととなります。

 

睡眠薬は作用時間によって種類が区分されており、どのような睡眠障害で苦しんでいるかによって飲む薬も変えていく必要があります。寝つきが悪い場合にはいったん眠りにさえつけば、中途覚醒などなく寝続けることができます。そのため、作用時間が短くても、その効果を早く実感することができればそれで十分です。特徴としてはわずか30分で効果を発揮し、3時間、4時間程度で体内から消えるというものがあります。特にロゼレムという睡眠薬はメラトニンの働きを応用した効果を与えることのできるもので、体内時計を整えさせることができ、自然な睡眠に持っていくことができます。また、安全性はかなり高く、副作用もほとんど起こらないことから高齢者でも安心して使うことができるものとなっています。

 

入眠障害に適した睡眠薬としては、即効性がある、翌朝薬の影響が残らないというものがおすすめです。他の作用時間が長いような種類だと、即効性はそこまでなく、作用時間も1日以上に及ぶものがあるなど、翌日に影響を残し、服用をためらうことにつながります。しかし、影響が残らないとなれば安心して服用することができるのです。この中で主流となっているものとしてマイスリーがあります。副作用が少なく、人間が持つ自然な睡眠パターンを壊さずに済むのも特徴です。また、睡眠薬の服用を止めた時に陥りがちな反動もマイスリーの場合は起こりにくいのも強みです。マイスリーに限ったことではありませんが、薬をアルコールと一緒に飲むのは大変危険で、特にマイスリーの場合はお酒と一緒に服用することで異常行動を誘発する恐れがあります。こうした薬を飲む場合はお酒は絶対に控えなければなりません。

 

最近の薬は副作用を抑えたものが多数出ており、それらが主流となっています。そして、依存性が低いため、いつでも止めることができるのも最近のトレンドとなっています。作用時間の短いものほど依存性が強いと言われていた時代もありましたが、安全性を高め、依存性を抑えたものが多数出てきたことで安心して服用することができるようになっています。

 

 

寝つきが悪いなら、薬よりもサプリがおすすめの理由

日本人のおよそ半数が、寝つきの悪さに苦しんでいます。
元々日本人は神経質でナイーブな国民性を持っています。真面目で勤勉、周囲の誰にでも優しく親切にする日本人の国民性ですが、その裏側には神経質でちょっとした事でも悩みを抱えやすい繊細さが隠れています。デメリットとメリットは表裏一体ですので、根本的に改善する事は出来ません。
更に近年では社会人の男女の多くが、毎日長時間の労働に従事なさっています。
朝は通勤ラッシュに追われ、日中は職場の業務に忙殺される、同僚や上司とのコミュニケーションに神経をすりつぶす人々も少なくない事でしょう。
また定時に帰宅出来る社会人の方々は近年稀です。
自ら積極的にサービス残業に従事したり、同僚の仕事や上司の指示に従っている間に、時計が夜の八時、九時を指すのは日常茶飯事でしょう。

 

長時間労働をした後は、脳が夜遅くになってからでも、まだ活動を盛んに行っています。
また、そもそも帰宅時間が夜の九時や十時になれば、睡眠時間が確保出来ず、慢性的な不眠症になります。

 

寝つきの悪い状態を改善するために、医師から睡眠薬を受け取る人々もいます。
テレビで活躍する有名人の方々は特に不規則な生活をしているため、睡眠薬が手放せないと言っています。
ただ、普通の社会人がそれを真似するはリスキーです。
睡眠薬は非常に不規則で寝つきが著しく悪い方々だけが利用して良い製品です。
また軽度ではありますが依存性があります。
よって医師の指導を綿密に受けて服用しなければ、返って日中のお仕事や家事等に差し支えが出る恐れがあります。

 

寝つきが悪いと感じているなら、睡眠薬よりもサプリメントの方がおすすめです。
サプリメントなら医薬品とは違い、副作用がありません。
医師の指導や許可は不要です。当然ですが依存性もありませんので、毎日欠かさずに飲み続けても、心身へのダメージはありません。
神経質な方、最近ワーカホリックだと感じている方は、ドラッグストアに足を運び、おすすめのサプリメントを聞いてみましょう。
スタッフの方に相談すれば、適切な睡眠サポートの製品を案内してくれます。

 

サプリメントは天然由来成分で構成されています。
元々体が弱い方や病気がちで健康に不安を抱えている方も、天然由来成分の製品なら一安心です。
毎日推奨量を飲み続ける事で、体質改善が進みます。
無理なく寝つきの悪い状態を改善していけるのがメリットであり、入手も利用も楽チンです。

 

 

 

寝つきが悪くなる原因とその対策

毎日、布団に入ってからすぐに眠れていますか。そういう人がうらやましいと思っているかもしれません。布団に入ってはみたものの、なかなか眠れず、ふと時計を見ると1時間を経過していたということがありませんか。周りの人はすぐに眠れるのにどうして自分だけが眠れないのでしょう。寝つきが悪い原因があります。何をすると良くないのかを知って、快適に眠れるようにしましょう。

 

多くの人がスマートフォンを使っていますが、夜遅くまでスマートフォンを使っていませんか。パソコンやテレビなどもそうですが、これらの画面からは強い光が出ています。夜、強い光を見てしまうと目がさえてしまうので脳が眠ろうと思わなくなります。だから、布団に入ってもすぐには眠れないというわけです。

 

眠くなるためには条件もあります。一度体を温めて、徐々に体温を下げていくと自然と眠くなります。だから、冷え性の人は寝つきが悪い人が多いです。お風呂に入るときは、湯船に浸かって顔から汗を出しましょう。深部体温が上がることがポイントです。体の表面ではなく、体の芯を温めて、徐々に体温を下げると眠くなります。しかし、湯船の温度を間違えると逆効果です。熱いお湯の場合は、かえって目が覚めてしまいます。朝に入るにはちょうどいいですが、夜は40度くらいのお湯に10分くらい浸かるようにしましょう。

 

生活のリズムが乱れていることも良くありません。夜になると眠くなるようなリズムではないと、布団に入っても眠れません。不規則な生活を送っている人に多い原因です。この場合の対策は、朝日を浴びることです。もともと人間の体内時計は25時間です。だから、体内時計をリセットしないと夜になっても眠れなくなります。実は、朝日を浴びると体内時計がリセットされるのです。だから、毎朝きちんと朝日を浴びて体内時計をリセットしてください。

 

いろいろな原因がありますし、それぞれの対処法もあります。以上の対策を行ってもどうしても寝つきが悪いままという人は、医療機関を受診してください。たいしたことがないと思って治療を受けない人もいますが、眠らないことは決して良いことではありません。かなり深刻な状態になっていることも考えられますので、一度医師に診てもらいましょう。基本的には、これらの対策を行うだけでもかなり寝つきが良くなるはずです。効果には個人差がありますが、心当たりがあると思ったら、できる限りの対策を講じてください。

 

 

寝つきが悪いのを改善する栄養素と食事、飲み物

寝つきが悪くぐっすり眠れない人は少なからずいるはずです。すぐに寝付ける方法にはどのようなものがあるのでしょう。食べ物により効果があるケースもありますので紹介します。トリプトファンという栄養素が豊富に含まれている食事が対象となります。アーモンドやバナナ、乳製品、味噌汁、枝豆などがその筆頭です。眠剤のように即効性はありませんが、長く続けることによって少しずつ寝つきが良くなるようになります。飲みものに関しては、諸説がありますが、人によってはアルコールを飲めば寝つきがよくなると思い込んでいる人は多いです。確かにアルコールを飲むことにより、眠くなり寝付ける人もいますが、寝つきは良くとも深い眠りにつけないという欠点があります。ですから、睡眠の質を良くするための最適な飲み物だとは言えません。最も良い飲み物は牛乳です。こちらもトリプトファンという成分があり、セロトニンという安眠できる成分を作り出すことができるのです。ただし、冷たい牛乳では効果がありません。胃を冷やしてしまうことで安眠を妨げてしまう恐れがあるからです。従って、温めた牛乳を飲む方法が最も良いです。体質的に乳製品は苦手、身体が受け付けないなどがある場合には無理をして牛乳を飲む必要はありませんが、そうでない人は少しでも寝つ木が悪いことを改善するために試してみるとよろしいです。また、大切なことは、日常生活を規則正しくすることです。常に眠る時間が決められるのであれば、ルーティンだと思ってその生活を維持していれば、普通に眠ることができます。また、ストレスを感じている人は、いろいろと悩んでしまうこともありますので、なかなか落ち着いて眠ることができません。軽い運動をすることや、空いた時間に趣味に時間を費やすことによってストレス発散ができます。逆に決してしてはならないことは、眠る前にスマホや携帯電話を見ることです。バックライトが眠気を妨げてしまうのです。スマホでニュースなどを見てしまいますと、脳が活性化されて眠る状態にできないということも考えられます。同様にテレビなどを見ることも控えた方がよろしいです。どうしても眠れない場合には、サプリメントを利用されるとよろしいです。健康食品ですから副作用は基本的にはないはずです。心療内科に通って眠剤を服用するという手段もありますが、薬に依存してしまうことになってしまう可能性もあります。自分なりの安眠手段を見つけるよう努力することが大切です。

 

 

寝つきが悪いのを放置しておくと出てくる症状、病気について

現代の日本においては、ストレスは、小学生位の小さな子どもですら感じているといわれています。
そして、適切なストレス解消法を見いだせないまま、不眠などの症状をうったえるひとは多くいます。
ましてや、大人になると、ストレス過多な人はとても多く、かつ、自覚が無いままに忙しさなどもあり
放置している人も多くいます。
そこで多くみられるのが、寝つきが悪くなってくるという症状です。
多少の寝つきの悪さなら、心身にそんなに悪いこともないかと、病気になることをあまり考えない人もいますが、
寝つきがよくない状態は、体や心がうまくリラックス出来ていないことが多く、本来寝る前に優位になる
はずの副交感神経が優位にならず、心身に興奮をもたらす交感神経が優位になったまま、昼間の、仕事や
勉強のためにオンにしたスイッチが切れていない状態のことが多く、きちんと対処をしないと、
悪化してしまうことがあります。
そのときに出てくるのは、寝つきだけでなく、寝てもすぐ起きてしまう症状や、眠りが浅くなる、
そして、適度な運動などをしても眠れなくなってしまう、いわゆる不眠症です。
また、交感神経が優位になったまま、リラックス出来ないでいると、人間は、脳が休めず、疲弊しやすくなります。
その状態を長期にわたり放置してしまうと、個人差はありますが、うつ病になりやすくなるとされています。
寝つきは、その人が、きちんと一日の終わりにリラックス出来ているかを示しています。
副交感神経にきりかえる習慣を取り戻さないでいると、心身に負担がかかります。

その結果として、遺伝体質や生活習慣、環境などの影響でパターンはさまざまですが、ゆるやかに不眠症になって
いく人もいれば、いっきにうつ病の症状が出てくる人もいます。
寝つきのよさは、自分の神経がどの程度まともにオンオフ出来ているかみるポイントともいえます。
ただいまひとつ寝つきが悪いだけの段階なら、その後におこりえる症状や病気の芽をつむことも不可能ではないということです。

 

 

寝つきが悪い時にやってはいけない対処方法

寝つきが悪い人は、何とかして早く寝ようと色々な策を講じます。しかし、その方法が本当に効果があるのか分からないという場合には、正しい対策を実践できているのかを一度確認する必要があります。対処方法を誤ると、かえって寝つきが悪くなる恐れがあります。
寝つきが悪いと睡眠不足が心配になりますので、日中の間に仮眠をとってしまうことがありますが、人は寝だめをすることができませんのでかえってリズムを悪化させる要因になってしまいます。睡眠のリズムが狂ってしまうと更に寝つくことが難しくなりますので逆効果になります。正しい対策としては、生活のリズムときちんと作って規則正しい生活を送ることが重要です。
また、寝る前に激しい音楽を聴いたり寝る時に小さな灯りをつけておく人がいますが、基本的にどちらもNGです。音楽を聴くこと自体はリラックス効果があって良いのですが、それは癒やし効果のあるゆったりとした音楽に限って言える話であり、神経を覚醒させるような音楽は寝る前には向きません。寝ている最中にトイレに行きたくなった時のことなどを考えて小さな灯りをつけることも、スムーズな入眠を妨げる恐れがあります。寝入りやすい環境を作るためには、寝室を静かにして真っ暗な状態にする必要があります。
寝る直前の入浴やストレッチも、実はNG行動です。お風呂に入るとリラックスできて疲れも取り除けますので快眠を得るのに効果的なのではないかと考える人がいますが、お風呂で体が温まると寝つきが悪くなりますし、活発に動いている時に優位になる交感神経の働きが活性化されます。ストレッチは体をほぐして血液やリンパ液の流れを良くするのに有効であり、早めの時間に行うのなら効果的です。
他にも、一日の出来事を思い出したりして色々と考え事をしてしまう人がいますが、頭を働かせると覚醒状態に近づきますので、なかなか寝入ることができなくなります。何も考えずにいた方が、体はリラックスできます。